お名前.COMから、【重要】Whois情報が公開されます とのメールが来ました。→Google Domainへ移管

スポンサーリンク
レクタングル大

ここで言いたいこと

・私が持っているドメインのWhois情報が公開されるよ。とドメイン管理会社から連絡がきた
・非公開にするためには、年間980円+消費税が必要になるとのこと。
・非公開サービスを無料でやってくれるGOOGLEドメインに移管しました。

お名前.COMからメールが来ました。

【重要】あなたが持っているドメインのWhois情報が公開されます。

この度、上位機関(ICANN)の方針変更に伴い、
Whois情報で公開されるドメイン保持者の情報公開範囲が
以下の通り変更となります。

■影響概要
「Whois情報公開代行サービス」未設定ドメインについて、
ドメイン保有者の氏名・住所・メールアドレス・電話番号などを、
全てのご登録者情報が、Whois検索を通じてどなたでも
閲覧できるようになります。

─────────────────────────
【重要】個人情報を公開したくない方へ
─────────────────────────
「Whois情報公開代行サービス」をご利用いただくことで、
お客様自身の情報公開を回避することが可能です。

どういうことだっけ?

ドメイン(google.comとか,yahoo.co.jpとか)は、管理者の情報がWhois情報という形で公開されています。トラブルなどが発生したときは、この情報を見て連絡を取るわけです。

これ、個人の場合だと、自宅の情報を登録していることが多いため、それが世界中に配信されてしまいます。スパムメールとかの絶好の対象。

それだと困るので、僕がドメインの管理を委託しているドメイン管理会社(お名前.comなど)が、Whois情報公開代行サービスと言われるサービスを提供してくれています。このサービスを利用すると、Whois情報には、ドメイン管理会社の情報を表示してくれます。これで安心。

安心なんだけど、サービスには対価が必要であり、料金が発生することがあります。料金を取らない管理会社もあります。

というわけで、ドメイン管理会社を移そうと思います。

ただ、ドメインの管理は、トラブルが無ければ何もすることありません。管理料金は年額でかかってきますが、これも自動引き落としにしちゃえば、メールで連絡がくるだけ。だから、あまり知らない会社にしたくない。どこで管理しているか判らなくなっちゃうから。

で、頭に浮かんじゃった、Google Domain(https://domains.google.com/)にすることにしました。ドメインの管理料金は、お名前.comとほとんど変わらず、Whois情報公開代行サービスは料金なし。

手順

Google Domain(https://domains.google.com/)に行く

移管 をクリックし、移管したいドメインを検索

移管のための作業をしていきます。

・現在の管理会社側で、「ロック」されている場合があります。Whois情報公開代行サービスが契約されていると、ロックされているので、それを解除する必要があります。僕はロック掛かっていませんでした。

・認証コードの入力が必要です。

現在の管理会社の管理ページで確認できます。お名前.comの場合は、以下のページで。

取得したら、Google Domain側に映って、認証コードを入力して、続行ボタンを押してください。

ウエブ設定のインポート

DNS設定の登録をどうするか。ということですが、僕は、Googleにお任せを選びました。通常は、それで問題ないと思います。続行をクリック

登録の設定

ここもそのまま。

後は購入手続き

googleにカード払いして終了です。

移管処理自体は、現在の管理会社とのやり取りがあるので、すぐには終わらないみたいです。数日待ちましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。