消費税増税の転嫁について

私、フリーでシステムエンジニアをしております。

10月から消費税が増税されまして、契約も当然、増税分が反映されたものになるはず。。が。

契約相手との問答集です。

スポンサーリンク
レクタングル大

消費税のことは知らない。それも含めてこの値段だから。

まず相手先から言われたのが、このセリフ。

契約書に(内税)って書いてあるでしょ。税率が上がったら、変わらないのがおかしいでしょう。

消費税収めてないんでしょ?

収入が1000万をこえていないと、消費税の免税業者になり、特例として、税務署に消費税を納めなくてもよくなるのですが

  • 免税業者相手だったら、消費税を転嫁しなくてもいい。というのは間違い
  • 私が免税業者かどうかは、相手先からは判らない。相手先一社とだけ契約しているかどうかはわかりませんからね。
  • 収入が1000万超えたら、消費税を納める必要があるので、ちゃんともらっておかないと、自分の持ち出しになります。
    (超えるかどうかは。。ですが、超えちゃってから、今年分全部転嫁してくれ。と言っても、してくれないですからね)

自営業者には内税で契約させてもらっている。

消費税は、法人、個人事業主に関係なく処理しなければいけない税金なので

ことさら区別するのはおかしい。

内税で処理すること自体はおかしくないけど、その中で消費税がいくらかは明確になっていないといけない。

自営業者は、税金に詳しくない人が多いからと、ごまかそうとしている印象。

———————————-

自営業でも、免税業者でも、消費税を頂く必要があります。また免税業者でなくなれば、ただしく収める必要があります。もし正しく転嫁してくれなければ、それは相手が法律違反になりますので、堂々と、消費税を転嫁してね。と言いましょう。

困ったときのリンク集

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。