【Unity】覚書

Unityは、C#だけでなく、Unity本体でも設定することで動くため、頭の中で形になるまでが難しい(最近はこういうの多いのかな)。なので、覚書として、少しずつ書いていこうと思います

スポンサーリンク
レクタングル大

CanvasのUIにアクセスしたい場合

CanvasにアタッチされているUIController.csのAddScoreメソッドを使いたいとき

UIのサイズ調整

UIは画面サイズが変更されても、表示の大きさは変わりません。そのため、画面サイズに追随してくれるように、設定が必要になります。

  1. HierarchyViewから「Canvas」を選択
  2. Inspectorの「Canvas ScalerコンポーネントのUI Scale Mode」を「Scale With Screen Size」に設定
  3. 「Screen Match Mode」を「Expand」に設定
  4. 「Canvas」 配下のUT(textなど)を選択
  5. サイズを調整する

画面の向きを設定する

シューティングゲームなど、画面の向きを固定したい場合があると思います。そんなときの設定です。

  1. メニューの Build Settings > Player Settings を選択
  2. Player > Resolution and Presentationを選択
  3. Default Orientationに、以下の選択肢から選んで設定します。
  • 選択肢
    • Portrait : 縦向き
    • Portrait Upside Down:縦向き(上下逆)
    • Landscape Right:横向き(左側面が下)
    • Landscape Left:横向き(右側面が上)
    • Auto Rotation:端末の向きに合わせて自動回転

     Auto Rotation以外は、表示方向が固定になります

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。