【Rails】Modelの作成

Model DB関係の覚書

スポンサーリンク
レクタングル大

Modelの作成

以下のコマンドで、db\migrateフォルダ配下にmigrateファイルが作成されます
userテーブルで、nameという名前のstringの項目と、ageという名前のintegerの項目が二つ含まれます。

DBの作成

以下のコマンドで、上記コマンド(rails g model )で作られたmigrateファイルをもとに、DBを作成します。

DBの状態を確認します

まず、dbconsoleにログインします。

DBに含まれているテーブルを確認します。

テーブルのschema(設定内容)を確認します

最後に dbconsoleからログオフします。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。